第4回「梅小路公園の未来を考える会」ご案内

■10月25日(日)4:00~7:00PM
◆◇◆  第4回「梅小路公園の未来を考える会」ご案内   ◇◆◇

 ~みんなでアイディアを出し合い、より魅力的な梅小路公園へ~

            於 法然院

*****************************************************************
  京都市下京区の梅小路公園の一角に、オリックス不動産株式会社が
国内最大の内陸型水族館を、また西日本旅客鉄道株式会社が鉄道博物
館の建設を計画しています。
 来る10月25日に、水族館や鉄道博物館の問題をきっかけに、京都の
まちづくり全体から見た梅小路公園の未来を考えていこうということ
から、4回目となる「梅小路公園の未来を考える会」を開催します。
..............................

「私は梅小路公園に水族館が建設されるとの計画が発表されて以来、
『不自然やなあ』というモヤモヤした気持ちを懐き続け、6月、7月、8
月と3回に亘って集いを開かせていただきましたが、建設に向けて計画
を推進されている方々の理屈をお伺い出来ないということもあり、モ
ヤモヤした気持ちは深まるばかりです。京都市議会議員の方々のご意
見も割れているとのこと、是非、議会内で、そして市民同士で、各々
の正当性だけを主張する『議論』ではなく、互いの考えに対する理解
を深める有意義な『対話』の場が増えればと願っております。今回も、
水族館以外にも建設予定地の有効な利用方法はないのかとの勉強会も
兼ねて梅小路公園の未来を考えます。どうぞご参集下さい。合掌」

                   法然院 貫主 梶田真章

○日時・会場
 2009年10月25日(日)午後4時~7時
 本山 獅子谷 法然院 http://www.honen-in.jp/
 (京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地 TEL: 075-771-2420 )
  交通のご案内 http://www.honen-in.jp/SANPAI-J.html#A

○内容(予定)
*学習会 講演 「生きものたちの宝庫『原っぱ』」
 講師 湯本貴和氏(総合地球環境学研究所 研究部 教授) 
 ―10年間「空き地」だった水族館建設予定地は、今では昆虫たちが
 棲む「原っぱ」になっています。自然生態系から見た「原っぱ」の
 大切さについて、湯本先生にお話しいただきます。―
*意見交換 
・ティータイムもあります。   

○定員 150名(先着順)

○参加費 無料 ※会場でカンパを募りますので、ご協力ください。

○主催 京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会
 (法然院、日本環境保護国際交流会(J.E.E.)、アートステージ567、
 よしやまち町家研究室、いきもの多様性研究所(順不同))

○申込方法
 当日、会場にお越しください。

○お問合せ先
 いきもの多様性研究所
 〒604-8862 京都市中京区壬生森町13-34  
 URL http://www.jca.apc.org/~qzu03325/ikimono.html
 E-Mail inst.biodiversity@gmail.com 
  FAX(D-FAX)020-4666-3091(IP・光電話の方は075-203-6449)

【予告】  第5回「梅小路公園の未来を考える会」ご案内
○日時・会場
 2009年10月29日(木)午後7時=9時
 本山 獅子谷 法然院

○内容  「京都市政出前トーク」の一環で 京都市の建設局 水と緑環境部 緑政科の担当者にお越し頂き、「緑あふれる まちづくり」について、梅小路公園の再製備計画も含めておはなしいただきます。

タイトルとURLをコピーしました