作品で偲ぶ「安達武生展」

作品で偲ぶ
    安達 武生 展

                                        会 期 2010年4月6日(火)~11日(日)
                                                           11:00~19:00
                                        会 場 アートステージ567

        繚乱の桜をみると

            狂いそうになる

            たまらなくなる

        そして かなしくなって

           こぼれた花びらを拾いあげ
 
          「ああ、」と溜め息をつくばかり

       京都の桜を必ず見にかえると言い残したまま

           かえらぬ人になった安達武生さん
         
      
         今年も桜が咲く季節がきましたよ。

                                    小牧 璋子

開催にあたって

 昨秋9月24日パリで亡くなられた安達武生さん、ペールラシェーズ墓地で多くの友人に囲まれて
葬儀が行われ、荼毘に付されました。

 京都の桜の時期に個展をと、私たちも待ち望んでいましたのに。

彼の笑顔や情熱的な口調、豪快な笑い声が思い起こされます。

 生前の彼の周りには沢山のさまざまな人々がいて、彼の訃報に、驚きと共に異口同音に彼の純粋で
素晴らしい人柄について語り出します。

 有志が集い、ささやかでも彼の絵を並べて偲ぶ会「作品で偲ぶ・安達武生展」をと、会場である
アートステージ567のご協力で、開催することとなった次第です。

 安達武生さんを知る方、知らない方も、一人でも多くの方々に、彼の作品をご高覧いただき、
彼の人となりを忍んでいただきたく、ご案内申し上げます。

【 略 歴 】

1945 京都に生まれる
1970 京都市立芸術大学美術学部 西洋画科 卒業
1972 ~76 劇団RED BUDDHA(ツトム・ヤマシタ主宰)創団に参加、 
            ヨーロッパ、アメリカを巡演
1976 ロンドンハマースミス美術学校入学
1977 帰国  
1978 京都洋画版画選抜展 招待・京都府買上    京都
1986   第16回日本国際美術展、埼玉県立近代美術館賞
1988   フランス・パリに転居
1990   今日の巨匠と青年展  グラン・パレ Paris/France  以後毎年
1992   Deauville国際コンクール ’92.金賞 Deauville/ France
             第28回 コートダジュール大賞 Cannes/ France 
1994   国際現代画家展 審査員特別賞 Haut de Cagnes sur Mer / France
1995   パリ-京都 日仏交流展 Paris/France
1998   モノクロームの復活 在仏日本人3作家展   京都 寿山荘、駒井邸
2000   国際絵画フェスティバル Haut de Cagnes sur Mer/ France
        
         日本、フランス他欧米等で 個展、国際展入賞参加 多数

2009 9月24日 パリにて死去

「作品で偲ぶ・安達武生展」呼びかけ人

  京都市立芸術大学美術学部西洋画科(s45年卒)同級生有志一同 幹事:前川 秀治・本田 佳子

       麻谷 宏     石田 浄     表 晃三     小牧 璋子     本田 晃三 

尚、初日4月6日(火)午後6時~8時、故人を偲び、簡素な持ち寄りパーティーを開きます。

会場 及び お問い合わせ:アートステージ567 京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92
                     TEL:075-256-3759 定休日月曜 11:00~19:00
                     e-mail:info@567.gr.jp URL:
http://567.gr.jp/

タイトルとURLをコピーしました