東日本大災害チャリティーイベント「法然院 梶田真章貫主が語る」

42日(土) チャリーティーイベント義援金のご報告

 

 

参加者   18名×1000=18000円

不参加者協力  4     6000円


募金箱            24300円
————————————-
合 計           
48,300 
 

法然院梶田真章様のご提案、ご参加者全員の賛同で、最も必要とされている下着類の購入

資金にさせて戴くことになりました。問屋にて男女、大人用、子供用下着8種 計790点購入、

仕分け後、京都から岩手のお寺に 宅配便にて 送らせていただきました。


岩手県盛岡市乙部の如法寺近藤光徳住職から直接、被災地に届けていただきました。

 

これからも長い支えが要ると思います。

微力でも、折々に出来る事から続けていきたいと思います。

ご協力、ありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。                                                       

                               アートステージ567 本

===============================================================

311日に発生しました東北地方太平洋沖地震により、多くの命が失われました。
深くお悔やみを申し上げます。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
今、2週間以上経ち、映像で目にする想像を絶する被害、又福島原発は底知れぬ不安の只中にあります。被災に遭われた方々が元の生活を取り戻せるよう、一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

甘んじてきたこれまでの生活態度を省み、自身に出来る事は何なのか、自問しているところです。
思わせられた事、少しずつ始めたいと思います。梶田真章貫主に、心の糧になるお話を伺います。

        合 掌                  アートステージ567 

法然院 梶田 真章 貫主が 語る


今、念仏者として伝えたいこと

「愛と慈悲」

 


2011
年4月2日() 午後5時~6時半


京都、夷川通烏丸西入南側 アートステージ
567

参加料 1000

参加料は全額「特定非営利活動法人アーユス仏教国際協力ネットワーク」に
寄附させていただきます。


定員:30
 

アートステージ567 
TEL:075-256-3759までご予約下さい。

 

梶田 真章  プロフィール

1956年、京都市生まれ。80年、大阪外国語大学ドイツ語科卒業。84年、法然院第31代貫主に就任。85年、「法然院森の教室」を始める。93年、境内に「共生き堂[法然院森のセンター]」を新築、この建物を拠点に環境学習活動を行う市民グループと協働。アーティストの発表の場やシンポジウムの会場としても寺を開放するなど、現代における寺と佛教者の可能性を追求している。現在、京都市景観・まちづくりセンター評議員、京都芸術センター運営委員、きょうとNPOセンター副理事長。

 

ご協力:法然院       主催:アートステージ567

お問い合わせ・ご予約:アートステージ567 TEL:075-256-3759    

 

タイトルとURLをコピーしました