第1回 イーハトーブ・プロジェクトin 京都

参加費(当日)       2000円×46名=92000円
  
不参加者協力        2000円×2名=4000円

募金箱                     49610円
———————————————————————-
合  計                    152610円

4月21日  京都新聞社会福祉事業団に、 

東日本大震災救援金として 15,2610円を

寄付いたしました。

浜垣誠司氏 と 本田佳子が 手渡しました。

======================================================

1回 イーハトーブ・プロジェクトin 京都
(震災救援チャリティ企画)

2011年4月17日(日) 午後2時より
「アートステージ567」(烏丸夷川)にて

参加費:2000円(募金と合わせ全額を義援金とします)

【内容】

岩手が生んだ詩人・童話作家 宮沢賢治が
「イーハトーブ」と呼んだ岩手と東北の復興を願い、
賢治の作品や生涯に思いを馳せる

1. 岩手の言葉による朗読を、フランスシターの調べにのせて

朗読:すがわら・てつお

「雨ニモマケズ」「あすこの田はねえ」
「水仙月の四日」「ざしき童子のはなし」
「永訣の朝」「花巻農学校精神歌」

フランスシター演奏:いいだ・むつみ

2. 講演「災害と賢治」

話:浜垣 誠司

参加ご希望の方は:
アートステージ567
Tel.075-256-3759
までご予約下さい
(定員30名)

アクセス:
烏丸夷川交差点から
西へ40m南側
(コロナ堂2F)
地下鉄丸太町駅下車
⑥番出口より徒歩1分

主催:「イーハトーブ・プロジェクトin 京都」実行委員会

すがわら・てつお:宮沢賢治の故郷、岩手県、
花巻市近くの村に生まれ、岩手県立、大阪
府立の学校に勤務。退職後、関西を中心
に、ふるさとの詩人の作品朗読に取り組む。
奈良市在住。

いいだ・むつみ:フランスシター奏者。ソロ演奏
を中心に活動するとともに、他ジャンルのア
ーティストとの共演も多い。2010 年より菅原
哲夫氏と共演を重ねる。奈良市在住。

浜垣 誠司:宮沢賢治愛好家・精神科医。2008
年宮沢賢治賞奨励賞受賞。Web「宮澤賢治
の詩の世界」http://www.ihatov.cc/制作。
京都市在住。

タイトルとURLをコピーしました