《アートステージ567の主な催し・2021年2月~3月》 

 

《アートステージ567の主な催し・20212月~3月》 会場はすべて アートステージ567

 大角 拓央 木炭画展   ― まだ見ぬ星列を探して ―

223日(火)~28日(日) 11001800  ※最終日は1730まで   入場無料 

京都個展、アートステージ567にて今回15回目となります。当ギャラリーでは、お付き合いの長い人気の作家のお一人です。今年も意欲作発表が期待されます。 心行くまで 白黒金銀の世界を お楽しみください。

 

藤井 眞吾コンサートシリーズ in 京都 2021(ギター)  

                                            入場料3500(前売3000円・4枚綴10000円)

2月20日のコンサート中止  緊急事態宣言が延長のため、、2月の開催は中止となります。

327日(土)1900 vol.158《組曲 Suites
                            皆様にお会いできる事を心より願っております。

19:00開演(18:45開場)   感染防止対策をとっております。 必ずご予約下さい。

演奏曲目:〇前奏曲(Cello No.4より)〇ガボット(Violin Partita No.3より)〇ラルゴ(Violin Sonata No.3より)J.S.バッハ 他

【お問い合わせ・ご予約】マンサーナ Tel 075-972-2834   info@manzana.ne.j 
最新の情報は、ホームページでご覧ください。http://manzana.ne.jp(マンサーナ)  

(藤井眞吾)

   

    311 (サク)()(アカリ)  東日本大震災で亡くなられた方々の鎮魂と被災地復興を祈念して

33日(水)~7日(日)  東日本大震災から今年で十年になります。遠く京都より一年に一度、震災の事を思い出し、被災地の今に目を向け、祈りの場を設けたいという思いで始めたこの会。昨年は延期の末中止となりましたが、今年は感染症対策をした上で、少しやり方を変えて開催致します。例年の震災後のいわて三陸の民族芸能を取材した映像上映会と、音楽会の二部構成でしたが、今年は松谷陽子さんの素晴らしい水墨画展との三本立て、5日間の開催てす。

◇映像上映 「いわて三陸沿岸 東日本大震災に見た祭りと民俗芸能」 
                                                        制作:東北文化財映像研究所   入場無料

期間中毎日上映いたします。(一階奥通り庭ギャラリーにて) 但し 3日は13時より7日は17時までです。

松谷 陽子 水墨画展  
         全日 
但し 3日は13時より7日は17時までです。5日、7作家在廊 入場無料

★イベント 37日(日) Live session 「笛を吹く×水墨画を描く」(時間未定、15分程度)

森 美和子 篠笛コンサート 
入場料 2,500円(内1,000円を義援金として被災地の民族芸能復興に役立てて頂きます

  3月3日(水)12001300(満席となりました。  
   3月5日(金)19002000   7日(日)17301830 定員:各回10名 要予約

【ご予約・お問い合わせ】 E-mail  sakunoakari.3.11@gmail.com                                                                                                                  アートステージ567  TEL:075-256-3759

主催 サクノアカリ企画実行委員会

 

Ousavady SAISNITH 個展   「暁」

ウサワディ サイサニット      

39()14日(日)11001830(最終日は1730まで) 入場無料 

5年半前に日本に来た時は全てが新鮮でした。生活も環境も自分にとって新たな人生の始まりでした。大学の4年間で学んだ技術とラオスの感覚を合わせて制作した織物作品を紹介します初めての個展です。私の感じた世界をどうぞ味わってください。

プロフィール:1997年ラオス/ビエンチャン生まれ。実家はラオスの織物専門店で6歳から織物を始めた。ラオスの高校を卒業し2015年来日、20172021年京都精華大学造形学科テキスタイル専攻。今春卒業、帰国予定。

 

山田 千晶 個展   ― 瞳をとじて ひらく扉 ―

316日(火)-21日(日) 11:00-18:30(最終日も18:30まで)       入場無料

本展示では、毎日の終わりにやってくる「眠りの時間と夢」をテーマに制作した作品を展示致します。せわしなく過ぎていく日常の中で、自身の心の機微に気づくことはなかなか出来ません。夢を通して少しずつ視えてくる心の揺らぎ歪み。瞳を閉じ、心を静め、自身の心に目を向けるきっかっけになれば幸いです。  山田千晶 ・1996年京都市生まれ。京都市立銅駝美術工芸高校卒。富山大学芸術文化学部卒。

富山県高岡市在住。彫刻家。生き物をモチーフに漆を用いて彫刻制作。富山、石川を中心にアートフェスタ 美術展等に参加受賞多数。

 

将積 厚子 Atsuko MASAZUMI     ラオスの染・織

手織物の宝庫であるラオス全土の多様で豊かな染色文化を長年に渡り研究、調査してきました。

それらの記録をスライドと実際の織物を用いて紹介します。

327日(土) ①14001600

328日(日) ①13001500    16:0018:00

受講料:500円   定員:各12名  

申し込み/問い合わせ TEL:0902384-6837(将積) amasazumi@gmail.com /TEL:075-256-3759(A.S.567)

将積厚子 プロフィール

京都市立芸術大学染織科卒業

1982 アメリカ ナバホインデアンの織物調査

1997 ラオスの染色調査を始める

2001 ラオス政府と主にラオス南部の後帯織と自然染についてのフィールド調査

20072008(財)海外貿易開発協会〈現AOTS‐経済産業省管轄からヴィエンチャンの織物学校立ち上げにつきカリキュラム作成及び指導者養成の為ラオスに派遣

2019 ラオスの染・織をまとめた「文化を語る布‐ラオスのテキスタイル」を日・米両語の解説で出版

 

お問合せ・お申し込みは、アートステージ567 (TEL075-256-3759)まで

アートステージ567   604-0863 京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92

Tel/Fax:075-256-3759   E-mail : artstage@567.gr.jp  URL: http://567.gr.jp/

 

アクセス/JR京都駅・阪急烏丸等から 市営地下鉄丸太町下車 番出口は閉鎖中です。⑦番出口等ご利用下さい。

市バス5165烏丸二条下車北へ2分、1093202204烏丸丸太町下車南へ3

タイトルとURLをコピーしました